トップページ > みる > 高松公園(高松の池)
高松公園(高松の池)
  • 春は桜名所となる憩いの場
     藩政時代、治水を目的に三段の堤防が造られ、そのうち最も大きかった中堤が現在の高松の池となります。松林が美しく有名であったことから「高松の池」と名付けられたと言われています。明治39年(1906)に池の周囲に吉野桜1000本が植樹され、盛岡を代表する桜の名所の一つとなり、平成元年(1989)に「日本さくらの名所100選」に選ばれています。池の周囲には散策道があり、バードウオッチングにも最適です。