トップページ > みる > 上の橋擬宝珠
上の橋擬宝珠
  • 城下町の風情を残す橋
     本町エリアと上ノ橋エリアをつなぐ上の橋は、中津川とともに城下町・盛岡らしい風景です。南部藩主の南部利直が盛岡城を築くと同時に架けた橋です。欄干を飾る青銅製の擬宝珠は創設時のもので、今日まで大切に受け継がれています。18基の擬宝珠のうち、慶長14年(1609)の銘が刻まれたものが8基、慶長16年(1611)のものが10基あり、国指定重要美術品に認定されています。

    • 住 所

      〒020-0887 盛岡市上ノ橋町

    • 電話番号

      019-604-3305((公財)盛岡観光コンベンション協会)