トップページ > まなぶ

岩手県立博物館

 地質時代から現代にいたる地質・考古・歴史・民俗・生物などの資料が展示されている総合博物館です。エントランスホールには、巨大な「兜跋毘沙門天立像」があります。2階へ続くスロープにはマメンキサウルスの大型復元全身骨格があり、見応えがあります。週末の子ども向け体験教室も人気です。

盛岡市遺跡の学び館

 遺跡の学び館は、盛岡市内にある遺跡(埋蔵文化財)の発掘調査、出土品の収蔵、展示などを行う考古歴史系ミュージアムです。展示室では、クイズ形式で遺跡を学べるほか、旧石器時代から中世・近世の出土品を展示しています。そのほか、勾玉づくりや縄文土器づくりなどの体験メニューなどもあり、子どもも大人も楽しめます。

盛岡市先人記念館

 先人記念館では、新渡戸稲造、米内光政、金田一京助など、明治以降に活躍した130人の資料を展示しています。ここでは盛岡の豊かな精神文化の礎を築いた先人たちの生き方、人間形成の過程を学ぶことができます。近隣にある原敬記念館とあわせて訪ねると、盛岡の先人たちについて深く学ぶことができます。

岩手県立美術館

 美術館では、萬鐡五郎、松本竣介、舟越保武など、岩手に関係した作家の作品を展示しています。また、世界的な芸術家の作品を展示する企画展も行っており、期間中は専門家によるワークショップなどが開催されます。シンボルマークは、世界的グラフィックデザイナー・福田繁雄のデザインです。

原敬記念館

 原敬記念館は、大正時代に平民宰相として活躍した原敬を記念して建てられました。原敬は、日本初の本格的政党内閣を実現し、民主政治の確立を目指しました。「原敬日記」や残された政界の資料等を通して、原敬の生涯を学ぶことができます。また、記念館の隣にある生家は、4月〜10月の毎週土・日曜、祝日に公開されます。

盛岡市子ども科学館

 子ども科学館には、ハイブリットプラネタリウムと3つの展示室があります。プラネタリウムでは、スタッフが星空案内を行ったり、テーマ別の映像が上映されます。毎週日曜日と祝日には、ワークショップやサイエンスショーも開催しています。子どもの科学に対する好奇心を育てるプログラムが多く、親子でも楽しめます。

志波城跡・志波城古代公園

 志波城は、約1200年前に、桓武天皇の命を受けた征夷大将軍の坂上田村麻呂によって造営されました。志波城古代公園は、当時の志波城の一部を復元した公園です。敷地内に当時の門、塀、櫓、政庁、竪穴建物などが整備されています。案内所では、発掘品の展示や、当時の再現ドラマ映像などを見ることができます。

盛岡手づくり村

「見て、触れて、創る」がコンセプトの盛岡の工芸品、民芸品、食べ物など伝統的な地場産業を集めた施設です。敷地内には南部せんべいや南部鉄器、藍染などの工房が並び、間近で職人が働く様子を見学することができます。また、職人の手ほどきを受けながら、自分だけの作品をつくることができる体験プログラムもあります。

啄木新婚の家

盛岡市渋民出身の歌人・石川啄木が新婚時代を過ごした家。明治38年、20歳になった啄木は、堀合節子と結婚。妻となった節子のほか、啄木の両親、妹の光子もこの家で暮らしたという。ここで過ごしたのは3週間のみで、その後、加賀野に転居。この家で過ごしたことが「我が四畳半」に記されている。

盛岡市中央公民館

盛岡藩の「御薬園」だった地にある公民館。国指定重要文化財の「旧中村家住宅」が移築・復元されています。中村家は「糸屋」または「糸治」と呼ばれ、盛岡でも指折りの大きな商家で、呉服・古着などを主に商っていたといわれています。また、公民館の庭は、紅葉の名所としても知られ、秋には観賞する人々で賑わいます。